「本染手織 掘絹子50年展 真弓工房教室40年展」を開催 2020/10/13

50年間染織を手掛け、熊本市南区に工房を開いている掘絹子とその教室生11名が、絹や綿、麻、毛糸を手染めし織り上げた布で着物や洋服、ストール、テーブルセンターなどを制作し、150点ほどを展示・販売する。

日本の工芸分野における最大規模の展示会である国展(国画会)で入選を重ね、現在準会員として活躍している掘絹子の仕事は、糸を厳選する事から始まり、手間のかかる難易度の高い工程を重ねていく。ごまかしのない丁寧な手仕事で織り上げた、柔らかで軽く清らかな光沢をたたえた作品を見る事が出来る。

<堀 絹子>2018年に本染手織布で熊本県伝統的工芸品指定を受け、翌年には「くまもと県民文化賞」を受賞している。
開催期間
2020年10月20日(火)~2020年10月25日(日)
時間
9:30~17:30(最終日は16:30まで)
場所
熊本県伝統工芸館(熊本市中央区千葉城町3-35)
お問い合せ先
真弓工房 堀 絹子
TEL
096-379-3662
URL
https://peraichi.com/landing_pages/view/mayumikobo

Copyright © Ace Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved

PAGETOP